ZARA 2019 春夏プレスデーからの流行予測

世界のアパレル業界売上で近年不動の1位、「ZARA」のプレス展示会に行ってきました。

ちなみに1位の ZARA(インディテックス社) 3兆3300億と

2位の H&M では1兆円近くの差があり、

3位の ユニクロ(ファーストリテイリング) とは2兆円の差なので、

これから2018年のデータ発表がありますが、

このランキングが変動することはなさそうです。

そんなグローバルブランドのZARAはファストファッションでありながら、

豊富なデザインが他を追従させない勝因になっているだけあり、

リアルクローズのトレンドを見ることができます。

今シーズンの流行色はテラコッタ、オレンジ、ベージュ、アイボリー、ホワイトなど、

春夏定番のパステルカラーがペールトーンへ変化し

イエロー、ミント、ピンク、アクアブルーなども最大限に淡い色合いとなっています。

そしてニュートラルカラーもトレンドとなるでしょう。

展示会はファストファッション特有の商品入荷がショートタームなため、

2ヶ月先までの展開で、この先、夏に向かってペールトーンもお目見えしそうです。

画像はZARAの定番デニム系や

メンズも豊富なカジュアルアイテムに

小物も充実、

ケータリングにデトックスジュースや、さすがスペイン本国だけあってのサングリア、

好きなを野菜を選べるベジタブルパフェなど充実していました。

そして、お土産はノベルティのジュエリーケースと、

昨年末オンラインストア限定発売のリップスティックでした。

今回は春夏のトレンドカラーのお話でしたが、

ビジネスパーソンの方々にも活用できるアイテムなど

ずばり今シーズンは何を買えばよいか、

パーソナルスタイリストの視点からお伝えしたいと思います。

展示会の動画はこちらです!

https://www.youtube.com/watch?v=G_9rM8exurU

 

パーソナルスタイリングのご相談は以下のお問合せ欄までお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP