クローゼット診断

最近、パーソナルスタイリングのお客様でワードローブ診断の

ご依頼が増えています。

クローゼットの中にたくさん服があるのに着るものがない。

コーディネートが冴えない気がする。

似合うと思って買ったのに、なぜかイメージが違う。

着ていない服が多く断舎離したいけれどなかなか捨てることができない。

スタイリスト長友のクローゼット診断は、キャリアと感性に基づく審美眼で

トレンド性の強い約3年以上経った服は処分して頂くようにお願いしています。

処分と言っても安易に捨てるのではありません。

どうしても思い入れのある服はお話をよく伺い

処分は先延ばしてもよいのでは?と無理にお勧めしないのですが

結局ほとんどのお客様が手放されます。

それは、お客様にとって必要な服とそうでない服を端的に説明することで

納得されてご自身で決断出来るようになるからです。

往々にしてデザイン性の強い服は一瞬はときめいても、

そのうち袖を通す気になれず

クローゼットで眠ったまま出番がなくなります。

そのような服はデザインを提案してリフォームして着やすくアレンジします。

冴えないと思っていたアイテムも今までとは違うコーディネートで

客観的な視点のスタイリングを提案することでリフレッシュできます。

さらに年齢による似合わなくなった服、仕事や状況の変化で何を着てよいのか

わからなくなった場合は時間と情報量ともにファッションに従事している

プロに委ねるのが賢明なのではないでしょうか。

このようなクローゼット診断後のパーソナルショッピングは

買い足す服が最小限で済み無駄がなくなります。

昨今、アパレル産業の環境問題は大きく、

私達の衣服に対する意識も考えさせられる時代となってきました。

少なくとも社会と密接な関わりを持つビジネスパーソンであれば

身近なところから意識しなければならないでしょう。

それには、不要な服は買わない、

上質で似合うものだけでワードローブを構成していく。

それが、パーソナルスタイリスト長友が提唱し

すぐに実践できるサスティナブルファッションです。

パーソナルスタイリストに依頼するとたくさんの服を買わされるのでは?

という不安はスタイリスト長友においては心配いりません。

みなさん、センス良い気分の上がる必要不可欠な服で

クローゼットを構成してみませんか。

お問い合わせはこちらまでお願い致します。

http://taekonagatomo.com/inquiry/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP