良くも悪くも姿勢次第

2017年も既に一週間以上過ぎてしまいました。

今年こそは昨年より更新頻度を上げようと決意していたのですが、年末に変形性頚椎症か

頚椎ヘルニアの疑いもあるかもしれないという首から腕の痛みに襲われて、それこそ寝正月となってしまい、

年頭の誓いはいとも簡単に崩れてしまいました。

そんな年始を迎えたスタイリスト長友妙子ではありますが、どうぞ今年もよろしくお願い致します。

img_9331-1

さて、パーソナルスタイリングを行わせて頂いてる身として、常々お客様に洋服が似合うコツを伝授しておりますが

着こなし方やコーディネートのセンス以前に最も大切なことがあります。

それは、何と言っても姿勢です。

美しい体型もそうでしょうが、全ての人がモデル体型である必要はなく少々太めであっても構わないと

いうのが私の持論です。

ただ、姿勢だけはどんな体型の人でも良いにこしたことはなく、姿勢が悪いとどんなに素敵なファッションも

半減しますし、姿勢が良いだけでイマイチなセンスであってもそれをカバーすることができます。

実は何を隠そうこの私、姿勢が悪いのです。

昔からのコンプレックスでした。

時々意識して正したりはしますが、基本、猫背なのです。

肩が前に入ってしまっているので、それで首に負担がかかり変形性頚椎症という今回の疾病になったと

自分では思っています。

ですから、良い機会なのでスタイリングでお客様にアドバイスする以前に我が振り治そうと決心しました。

今年は姿勢が良くなる努力をします。

そのためのメンテナンスを怠らないようヨガもきちんと継続します。

私の信頼するヨガインストラクターのNatsuさんのポージングのようになるにはまだまだですが、

気は心、日進月歩、近づけるようにがんばってみます。

img_9408

姿勢が良くなることで健康増進、体型もシェイプアップされ、年齢も5歳は若返って見えるはずです。

そしてスタイリングアドバイスする上でもっと説得力のある姿になれるような2017年にしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP