女性エグゼクティブ・スーツのNGとは

女性のビジネススーツ選びに必要なことを前回の記事で申し上げましたが、

スタイリスト長友妙子が「オーダースーツをお勧めしない!」

その理由について今回は書きたいと思います。

しかし、例外もあります!

そのことについては後ほどお伝えするとして、

男性エグゼクティブに限ってはオーダースーツも否定はしません。

むしろお勧めすることもあります。

その違いは別の機会にお話しするとして

女性のオーダースーツやセミオーダーをお勧めしない理由は・・・

 

それは、パターンやデザインが限られて少ないため、

シーズンが変わっても長年同じスタイルのシルエットで

代わり映えのないスーツになってしまいます。

オーダースーツは、よほど資本力のあるアパレルでない限り、

レディースの場合、パターンのバリエーションを持ち合わせないのが現状です。

洋服全般、スーツやジャケットにも一生モノなどありえません。

レディースファッションのアイテムで一番トレンドのタームが長いスーツでも

ブランドは毎シーズン、シルエットやデザインを僅かに流行を入れながら変化させているのです。

この僅かな差がオシャレ感につながるのですが、

その都度、パターンを作り生産していく既製服のスーツは、

やはり新鮮でその時その人を最も美しく魅せてくれます。

ところが、ただでさえ需要の少ない零細ショップや、合理主義のネットショップでは

何年も同じパターンで仕立てるわけですから、スタイリッシュになるはずもありません。

せいぜい生地や襟の形やボタンの数など限られた種類の中から選び変えたところで

ファッション性を感じないどころか時代遅れな印象にさえなってしまいます。

元来、スーツは男性の装いのためのものだったので

女性の丸みあるボディに合わせること自体が難しいのです。

それでも外見が素敵であることがビジネスにおいて有利な女性エグゼクティブにとって、

セルフブランディングできるスーツは不可欠といえます。

スーツ姿が美しい女性ビジネスパーソンはエレガントに外見を整えることで

社会的にも信頼されキャリアアップされることが約束されるでしょう。

それに比べ、そこそこのオーダースーツは価格の割に冴えないというのが私の見解です。

冒頭で申した例外のプロの立場からでもOKなオーダーメイドとは、

歴史と伝統のある正統派ブランドや、資本力のあるアパレル、

ごく限られた有名デパート、そして外資トップブランドなど

オーダーやセミオーダーシステムがあります。

 

私のパーソナルスタイリングでは極稀にサイズなどでお困りの方にはお勧めしております。

サイズ感はご自身の着用においても外見でも印象を左右する重要なことですから

既成品でもオーダーでもシビアな審美眼を持ち合わせたプロのアドバイスを参考に

ご自身にぴったりの運命のスーツを手に入れて頂きたいと願ってやみません。

ちなみに、こちらの画像は、私の顧客の方でファーストシャネルスーツの

パーソナルスタイリングをさせて頂き、

VIPルームでサイズ直しを5ミリ単位で指定させてもらっているところです。

このスーツはオーダーでもセミオーダーでもなく、プレタポルテのシャネルスーツを

お客様のサイズにジャストフィットにお直しして

オーダースーツ以上のカスタマイズされたその方だけの運命のスーツとなりました。

 

そんな素敵なスーツを手に入れたとして、

絶対にやってはいけない着こなし方があります。

時折、街なかで見かけては、それやめましょう!と

見ず知らずの人に言いたくなるのですが・・・(笑)

それは、また今度、書きたいと思います。

 

パーソナルスタイリスト 長友妙子へのご質問、ご相談は下記からお願いします。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP